猫のしっぽで感情がわかる!?しっぽを立てる理由や仕組みを解説

猫の尻尾の役割とは

猫のしっぽは主に以下の4つの役割のためにあると言われています。

しっぽの役割

・バランスを保つため
・防寒のため
・マーキングのため
・感情表現のため

・バランスを保つため

猫は高いところや、細い道をあんなに安定して歩けるんだろうと
疑問に思ったことはありませんか?

実はしっぽを使ってバランスを取っているんです。

細い棒を歩くバランス力のテストを行った際、
しっぽのない猫より、しっぽのある猫の方が明らかに落ちる確率が低かったというデータも出ているようです。

・防寒のため

しっぽは防寒の役割も果たしています。


気温が下がってくると、猫は丸くなって眠ります。
その際、しっぽをマフラーのようにして、体を温めます。

・マーキングため

猫は、体の各部位にある臭腺から、臭いを出してマーキングを行います。

臭腺の一つは、しっぽの付け根部分にあり、
ここから臭いを出して、しっぽを対象物に擦り付けるなどして、マーキングを行います。

・感情表現のため

猫のしっぽは、その時々の感情に合わせいろんな形をします。

ピンと立てたり、立てたまま先だけ曲げたり、それぞれの形に意味があります。

猫のしっぽで感情がわかる?

猫のしっぽの動きには様々な猫の感情が現れます。

しっぽをピンっと垂直に立てる


垂直に立てる時の感情

・嬉しい時の感情表現
・甘えたい時の感情表現

・嬉しい感情の表現

猫がしっぽを立てるときは、嬉しい気持ちを表現している時が多いです。

餌の時間や、飼い主の帰宅時など、鳴きながらしっぽを立てているのを見たことありませんか?

「やった~!餌の時間だ!」
「遊んでもらえる!」

と嬉しい気持ちを表現しているんです。

・甘えたい感情の表現

甘えたい時、遊んでもらいたい時などにしっぽを立てる時があります。

しっぽをピンと立てて近寄ってきたら、存分に甘えさせてあげてください。

エビスエビス

子猫の時に母猫に排泄を手伝ってもらうんだけど、その時に排泄しやすいように、しっぽをピンと立てるにゃ。
その名残から、母猫と接する時や甘えるときはしっぽをピンと立てるんだにゃ。

あさひなあさひな

 つまりしっぽを立てて近づいてきてくれたら、母親くらい信頼してくれてるって考えていいんだね!

エビスエビス

まあ、そいうことだにゃ!!

しっぽを立てて、先が曲がっている


しっぽを立てて先だけ曲がっている時の感情


・最大の愛情表現

愛猫がしっぽの先を少し曲げながら歩いてきたら、それは親愛の情を表現しています。

ピンと立てるよりももっとリラックスして、遊びに誘ったり、甘えたりしてきている証拠です。

エビスエビス

この仕草は大好きな人にしか見せないにゃ〜♫

しっぽを足の間に挟む

しっぽを足の間に挟む時の感情


・恐怖、怯え

これは猫が恐怖を感じている時に見せる仕草です。

恐怖を感じているときは、しっぽを内側にしまって、耳をたたんで、小さくなります。

「私にもう何もしないで~」と訴えかけているんですね。

しっぽを傷つけられないように内側に隠していると言われています。


しっぽを膨らませる


しっぽを膨らませるの感情


・恐怖、怒り

これは、実際にしっぽが膨らんでいるのではなく、
毛を逆立てた結果、しっぽが膨らんで見えています。

これは、恐怖や怒りの現れです。

要するに威嚇している時にこのよな状態になります。

猫のしっぽは触ったらダメ?しっぽの構造紹介



猫は基本的にしっぽを触られると嫌がります。
これは、猫のしっぽには太い神経が通っており、敏感な場所だからです。

ただ、しっぽの付け根部分を、
撫でてあげたり、軽くポンポンと叩いてやると喜ぶ猫もいます。

しかしこれには個体差があり、基本的には、しっぽは触られて嫌な部分であることが多いです。

あさひなあさひな

  エビスはしっぽの付け根撫でられるの超好きだよね~

エビスエビス

あれはめちゃめちゃ気落ちいいにゃ~

最後に

猫のしっぽには、生活に欠かせない役割、コミュニケーションをとる上で大切な役割など様々な役割があります。

この役割を理解することで、もっともっと愛猫とコミュニケーションを深めて、仲良くなってください♫

それでは、良い猫ライフを。